Yurika BLOG

#ゆりLabo

アラサー女がシンプルな暮らし/シンプル美容を研究するブログ





一見ツルツルなその肌、ビニール肌かも。やりすぎ美容は卒業します。

スキンケア熱心な女子に多い、「ビニール肌」ってご存知ですか?

 

これは、「やりすぎ美容」によって肌が薄くなってしまった状態の肌のことを言います。

・一見つるつるに見えるがキメが見当たらない

・すぐ乾燥してしまう

・洗顔後すぐ化粧水塗らないと肌がつっぱる

・潤わないのにオイリー

・ポツンとニキビができる

・小じわが目立つ

・傷が治りにくい、傷跡が残りやすい

 

こんな特徴にあてはまりませんか?

「ビニール肌」とは肌が薄くなって肌バリアが弱くなってしまっている状態なので、乾燥や小じわ、そしてニキビなどの炎症も起こしやすい状態になってしまうんです。

わたしは・・・ほとんどあてはまります(!)

 

【医師監修】「ビニール肌」の特徴と改善方法は?ケアしすぎが原因って本当? | スキンケア大学

 

ビニール肌の原因は「やりすぎ美容」

例えば大人ニキビの原因は「毛穴の角質・角栓が皮脂詰まりを起こすこと」と言われています。これは事実だし、角質を取り除けば皮脂詰まりを防ぐことができます。しかし、むりやり角質を取り除くことによりターンオーバーが速まり、未熟な角質達が新たな毛穴壁を作るので、また同じ問題に悩むことになります。

 

なぜ肌のキメが正常に作られなくなってしまうかというと、

人間の皮膚は『ターンオーバー』と言って角質を形成・代謝するシステムを予め備えています。

 このターンオーバーというシステムには『刺激を受けると速くなる』という性質があり、継続的な刺激を受け続けると、人の皮膚は徐々に肌の角質の代謝が早まり、やがて正常な皮膚のキメが形成されないまま表皮を作ってしまうようになると考えられます。

 

簡単に言うと、皮膚に刺激になるアイテムを頻繁に使い続けると肌のターンオーバーが早まってより『薄い』皮膚が作られるようになってしまうということです。

 

ターンオーバーを促進させようと、ピーリングスクラブなどで角質を取りすぎてしまうと、結果未熟な角質が表皮をつくってしまいどんどん肌が薄く「ビニール肌」になってしまうんです。

ターンオーバーは速ければいいのではなく「正常である」ことが大事なんですね・・・。

 

ピーリングやスクラブの他にも、
  • 熱いお湯で洗顔をしている。
  • 洗顔後にタオルでゴシゴシ顔を拭いている。
  • 化粧水や美容液をコットンを使ってつけている。
  • シートクレンジング
  • 美容マニアで過剰に色々な化粧品でケアをしている。
  • シートマスクを毎日のように使う
  • 皮膚科で処方されるディフェリンゲル・ベピオゲル(ピーリング作用)

なんてこともターンオーバーを乱しているかも。

 

社会人になりたての頃ハマっていたサボ〇のミントスクラブ洗顔、繰り返すニキビに悩んで使ってたピーリングジェル、皮膚科で処方されたディフェリンゲル、つい最近まで毎日のようにしてたシートマスク、、、、すべての根源はここにあり・・・!!!

 

そんな薄くなった肌に、さらに合成界面活性剤、合成ポリマー、アルコール強めなんて、恐ろしくて目をそむけたくなりますね。少しでも優しいものをつかいたいものです。

yurikablog.hatenablog.com

 

 

ビニール肌改善する方法2つ

角質をはがすようなことをしない

ターンオーバーを速めてしまう角質ケア系アイテムとはおさらばしましょう!!また、コットンやタオルなど、肌への摩擦も極力控えること。そうして角質の速まりすぎてしまった代謝が正常化するのを待つしかありません。

 

なるべく肌に負担をかけないシンプルなスキンケアにする

スキンケアの中で一番肌に負担がかかるのはクレンジングと言われています。

化粧品の油汚れをすっきり落とすために含まれている合成界面活性剤が、必要な皮脂まで洗い流してしまうからです。ただでさえ肌のバリアが弱くなってるビニール肌には、強いクレンジング剤もなるべく使わないようにしたいものです。

私はベースメイクを石けんで落ちる日焼け止めとミネラルファンデに変えてみました。肌が健康になるまでの辛抱です~。

 

時間をかければ健康な角質層が育ち、ビニール肌も改善することができます。水分を蓄えられる、ふっくらとしたトラブルの少ない健康な肌に戻しましょう!!