Yurika BLOG

#ゆりLabo

アラサー女がシンプルな暮らし/シンプル美容を研究するブログ





赤ニキビ跡が治らない!悩み抜いた私の対策法やおすすめの化粧水まとめ

こんにちは!ゆりか(@yurikablog)です。

私はかれこれ4年くらい繰り返すニキビに悩まされてるんですが、最近はゆるーく脱ケミカルしていて、新しいニキビは出なくなりました^^

肌のターンオーバーを阻害する可能性のある成分を取り除いて、肌を強くしようという目的でなるべくシンプルなケアにしています。これが合っているのか、最近は自然に肌が潤ってる感じがします!最近はシンプルなケアを基本に、自分の肌悩みに合わせた成分を補う形でスキンケアを選んでいます。

私の肌スペック⇒美容オタクが脱ケミカルに至るまで。スキンケア事情今昔。 - Yurika BLOG

 

ただ今一番気になっているのがニキビ跡。茶色くシミになっちゃったニキビ跡は自分でケアして治すことは難しいけど、まだ比較的新しい赤いニキビ跡は自分のケア次第で早く薄くすることができます!!

  

赤ニキビ跡とは?赤くなってしまう原因は?

〈赤ニキビ跡とは?〉

やっとニキビが落ち着いて腫れが引いてきても、赤みが残ってしまっている状態。肌自体が薄くなってしまっていると、赤みが余計に目立ってしまう場合もあります。

 

〈ニキビが赤く残ってしまう原因〉

  1. 毛穴が詰まって炎症ニキビになってしまった
  2. 傷ついた肌を治すために集中的に毛細血管が増える
  3. 炎症が肌の深い部分にまで到達してしまった

たいてい赤いニキビ跡は真皮の奥まで炎症が広がってしまい、赤みが残ってしまうケースが多いです。やっと1個治ったと思ったら、そのすぐ近くでニキビが再発してしまうなんてことありませんか?(私はよくあります・・・)それは、肌の奥が傷ついてしまっているから、その傷ついた皮膚の周りに毛細血管が集まってまた皮脂が詰まりやすく、ニキビが連鎖してしまうのです。

大事なのは、肌の奥の炎症を取り除いてあげることです。 

 

赤ニキビ跡に有効な成分

赤ニキビ跡におすすめなのは「抗炎症作用」のある成分。そして肌の回復を早める新陳代謝を促進する作用、悪化を防ぐ抗酸化作用のある成分です。

炎症をまず沈静させることが先決ですが、そのあと肌の回復を早める成分でサポートするのが赤ニキビ跡を早く薄くする近道です!

上のような作用のある成分とおすすめのセルフケアを紹介します。

 

炎症を抑える「グリチルリチン酸」

炎症を抑えてくれる成分としてイチオシなのが、グリチルリチン酸。グリチルリチン酸は、もともと漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれている成分です。甘草の持つ成分が抗炎症作用があり、赤ニキビのように炎症を伴うニキビの症状緩和に一定の効果を持っています。天然成分で安心なのも嬉しいです。

グリチルリチン酸が有効成分として含まれているのがリプロスキンの化粧水です。リプロスキンはニキビケア用のスキンケアですが、炎症を抑えてくれる成分が他にも贅沢に含まれているので、ニキビ跡のセルフケアにおすすめです。

公式サイトをチェックする Reproskin(リプロスキン)

---リプロスキンの全成分調べてみたので参考にしてみてください---

www.yurikablog.site

 

肌の回復を早める「ビタミンC誘導体」

ビタミンCには、新陳代謝を促す作用、コラーゲンを生成する作用があります!ニキビによってダメージを受けてしまったお肌を回復させるために欠かせない働きです。また、ビタミンCは美白に効果的と言われますが、できてしまったメラニンを還元する作用もあるので肌を明るく見せてくれる効果も期待できます。

 

ビタミンC誘導体の効果を最大限に得るためには、原液美容液を化粧水に混ぜて使うのがおすすめ!たまにイオン導入器も使ってます。

チューンメーカーズのVC-6は、注目のリン酸型ビタミンC誘導体

 

炎症を悪化するのを防ぐ「ビタミンE」

ビタミンEには、強い抗酸化作用があります。その強い抗酸化作用によって、肌を活性酸素から守り、炎症を悪化するのを防いでくれます。また、ビタミンEにはニキビによる瘢痕から皮膚を回復して、跡を目立たなくさせる働きがあることが実証されています。

脂性肌のニキビには合わない場合もあるので注意ですが、ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビや乾燥肌のニキビにはアルガンオイルはおすすめです。私は普段のケアで、乳液やクリームの代わりにアルガンオイル1滴を取り入れてます。アルガンオイルは一滴で十分潤うからすんごくコスパがいいです。

 

ここで注意してほしいのが100%ピュアオイルを選ぶこと!!

よく無印とかで見かける透明な安いアルガンオイルは、精製されているので純粋にアルガンオイルのビタミンEの効果を利用する場合には向きません。精製された透明なアルガンオイルは、サラサラで使いやすいのでボディオイルや、アロマ製油のキャリアオイルとして使うのがおすすめです^^

メルヴィータのアルガンオイルは、100%ピュアオイルだし、コスパも良いのでおすすめです。

画像は公式サイトよりお借りしました。

公式サイトをチェックするメルヴィータ

 

 

大人ニキビはインナードライ肌が原因かも   

大人ニキビはお肌のインナードライが原因であることが多いそうです。ピーリングや皮脂をとりすぎてしまう間違ったスキンケアをすることで肌が乾燥して、皮膚が頑張って皮脂を分泌してしまい、また毛穴を詰まらせてしまいます。

皮脂を取りすぎるスキンケアより、保湿が重要なんです。

私が愛用しているパックは、『みんなの肌潤糖【クリア】』です。

f:id:yurikablog:20170905164747j:plain

北海道のてんさい糖というお砂糖でできたパックで、お肌の皮脂と水分量のバランスを整えてくれるので、やさしくニキビ肌をケアしてくれるんです。

え、お砂糖?と思うかもしれないけど、お砂糖には保水・保湿作用と、傷の回復を早める作用があるんです。

このお砂糖のパックが肌の水分量を上げて、やさしく肌を整えてくれます。

カタカナのよくわからない成分が入ってるようなシートパックを肌にのせ続けるよりずっと安心だし、お砂糖の高浸透パワーで肌の水分量がアップしますよ!

 

 

 

治りにくい人はこんなことはしちゃだめ

ニキビを繰り返すと、なにかと過剰にケアしてしまいがちですが、なるべく肌に負担をかけないシンプルなケアがおすすめです。肌に負担をかけてしまいがちなことをしていませんか?

 

ピーリング

よくニキビ跡にはピーリングをしましょうってよく見かけません?これ絶対におすすめしません!!!

皮膚科でもニキビ跡治療というとケミカルピーリングとかすすめられるし、ニキビ跡用のゴマージュとかピーリングパックなんていうものも市販でも売っているけど、あれは肌が分厚くなってしまって毛穴が詰まりやすい人用のケア。

大人の女性はメイクやクレンジングで普段から肌へのダメージが多いし、自分が思ってるよりも肌は弱くなっています。ピーリングのように肌に刺激の強いケアは逆に肌を傷つけてしまいます。

ニキビ跡の中でも特に肌の奥に赤く炎症が残った赤いニキビ跡のケアには向きません。

 

熱いお湯で洗顔する

熱いお湯で洗顔すると皮脂を過剰に洗い流してしまい、肌の乾燥を招いてしまいます。乾燥すると皮脂を過剰に出してしまい毛穴が詰まりやすくニキビがまた再発してしまいます。

熱いお湯は赤いニキビや赤ニキビ跡の炎症を助長させてしまうのでやめましょう。

 

日焼け

ニキビ跡を治したいなら日焼けは避けましょう!!ニキビ跡は特に日焼けのダメージを受けやすいですし、日焼けでできたメラニンが色素沈着してしまうとシミになってしまいます。

 

 

ニキビもニキビ跡も早めのセルフケアを!

f:id:yurikablog:20170524154245j:plain 

いかがでしたか?ニキビを繰り返すときには、肌に負担をかけないなるべくシンプルなケアと規則正しい生活習慣を心がけましょう。そして、自分の肌悩みに有効な成分を補う形でスキンケアを選ぶことが大切です。

 

---おすすめニキビケア---

高浸透・高保水のシュガーパック⇒『みんなの肌潤糖【クリア】』

抗炎症作用の化粧水⇒ Reproskin(リプロスキン)

ビタミンEのアルガンオイル⇒メルヴィータ

 

 

➡ブログ読者になる 

➡Twitterフォローする