Yurika BLOG

#ゆりLabo

アラサー女がシンプルな暮らし/シンプル美容を研究するブログ





その大人ニキビ、皮膚科にいくのちょっと待って!皮膚科に行っても大人ニキビを繰り返す理由

この記事をシェアする

f:id:yurikablog:20170427234320j:plain

今CMでは、ニキビができたら皮膚科へ!!

ってよくやってますよね。

 

昔よりニキビ患者さんの意識も高くなってると思います。

 

私も、社会人になりたての頃、頬にポツンと繰り返しできるニキビに悩まされ、せっせと皮膚科に通っていました。皮膚科に行けば強い塗り薬と、飲み薬、ビタミン剤をもらえてわりと早くニキビを治すことはできます。

だけど、大人ニキビの原因は色々あって皮膚科にいけば治ってしまうような簡単なものではありません。むしろ治療をやめたとたんひどくなってしまったり、やっぱりまたニキビが繰り返しできてしまったりします。

私の体験も交えて皮膚科のニキビ治療を紹介したいと思います。

  

ニキビの皮膚科治療の種類1:内服薬

抗生物質

ニキビの炎症がひどい場合には、内服薬で抗生物質を処方してもらいます。

ビタミン剤

ビタミン不足は、ニキビの原因になります。皮脂の分泌量を調節したり、皮膚や粘膜を健全に保つなどの働きをする以下のようなビタミン剤を処方してくれます。

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC 

 

ニキビの皮膚科治療の種類2:外用薬

皮膚科でのニキビの治療で主となるのが外用薬、塗り薬です。

ニキビの原因は角質が上手くターンオーバーしないことによる「皮脂のつまり」であるとして、いらない角質や皮脂のつまりを取ってくれる塗り薬と、赤ニキビなどの炎症を抑え、アクネ菌を殺菌する抗生物質の塗り薬を処方してくれます。

 

抗生物質

アクアチムクリーム
ダラシンTゲル   など


皮脂のつまりを取る外用薬

ディフェリンゲル
ベピオゲル   など

 

皮脂のつまりを取るディフェリンゲルとベピオゲルは、肌の余分な角質を取り除いてくれるピーリング作用があります。

 

むやみにピーリングするのはやめて!!!大人ニキビを繰り返す理由は肌が薄くなってることかも

皮膚科では、「肌が副作用で赤くなることがあるから、2週間使って様子をみて、また1週間くらいあけてからまた使ってね」とかって言われます。そして真面目にいうこと聞いて使い始めて、1週間もすれば肌がピリピリ、赤くなります。だけど、ニキビが枯れてきたかも?じゃぁもうちょっと使ってみようかな・・・

って待って!!!!!昔の真面目な自分!!!!放っておいてもニキビは枯れるんだし、むやみに肌を傷つけないで!!!!!!

 

実はこのピーリング作用に注意が必要なんです!!!!!!!

ただでさえ大人ニキビができてしまう女性の肌は繊細なのに、ピーリング作用なんて肌を傷めつける以外の何者でもありません

 

皮膚科に行くと、この皮膚の詰まりを取るディフェリンゲルと抗生物質のアクアチムあたりの塗り薬を必ずと言っていいほど処方されます。そしてニキビができる理由をストレスじゃないかと言われます。(確かにストレスと言われてみれば、あのむかつく上司のせいかもとか思って納得する)

皮膚科の先生も毎日色んなニキビ患者さんを診ているでしょうが、ニキビの原因は千差万別。本当にその人のニキビの原因を突き止めようと思ったら、1日いっぱいかけてその人の生活習慣、食生活、遺伝、肌質などをことこまかに調べなくてはなりません。そんなこと不可能ですよね。

結論、私が皮膚科に行って解決したことはなにもありませんでした

残ったのは薄く弱ってしまったお肌のみ

  

薄くなってしまったお肌にはリスクがいっぱい

薬できれいになったように見える肌も、むりやり角質を取り除くことによりターンオーバーが速まり、未熟な角質達が新たな毛穴壁を作るので、肌は薄くなり、また未熟な角質たちが毛穴をふさいでしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そしてまた、大人ニキビを繰り返すのです。

薄くなってしまったお肌は、少しの刺激や環境変化で揺らいでしまうのです。

 

皮膚科にいくな、とは言いません。皮膚科のお医者さんを批判してもいません。

ただニキビに悩む大人の女性に言いたいのは、

とりあえず処方される強すぎるお薬を、なんとなく使うのはやめてください

 

 

あと皮膚科では他にも、ホルモンバランスが崩れていることが原因だとして、

  • 低用量ピルの処方
  • 抗男性ホルモン薬の処方

などの治療をしてくれるところもあります。先述したように、ほぼ100パー保険治療内の塗り薬や飲み薬を処方されるので、皮膚科の先生に相談してみてはいかがでしょうか?

 

結局大事なのは自宅でのスキンケアや生活習慣

皮膚科の強い塗り薬を使えば、一時的に症状が改善するかもしれません。しかし即効性がある代わりに、肌が繊細な女性にとっては強すぎる薬もあります。

即効性はありませんが肌に負担をかけないスキンケアや生活習慣が一番です。

  • クレンジング剤が肌に負担をかけすぎていないか?
  • 基礎化粧品を刺激の少ないものに変えてみる
  • 夜更かしをやめる
  • 偏った食生活を改善する
  • アルコールを控える
薄くなったお肌をもとに戻すのは大変なことです。なるべく肌に負担をかけないスキンケアや生活習慣を心がけて、健康な肌を取り戻しましょう!!!

 

⬇︎コスメジプシー・美容マニアなわたしが、やりすぎ美容卒業を決心した理由⬇︎

yurikablog.hatenablog.com